本文へスキップ

尼崎市南塚口町の
司法書士事務所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6424-2705

〒661-0012
尼崎市南塚口町1-26-28 南塚口ビル本館403









メールでのお問い合わせはこちら

過去のブログEx-Blog ※過去の司法書士日記(ブログです)

司法書士事務所尼崎リーガルオフィスの司法書士と事務員の日記です(不定期更新)。
法律ネタや司法書士実務の解説、日常の出来事、好きな音楽・好きな本、その他・・・。

2012年5月

■2012年5月1日 大阪市議会<最後の>喫煙所廃止へ

毎月の最初にはブログを書くようにしていますが、ほんとに月日が経つのは早いものです。早すぎます!
友人や家族の病気のこと、今年度の支部研修の進め方、秋の青年会全国研修、同じく阪神支部での成年後見フォーラムイベントなどの司法書士事業、日常の業務、行政書士資格取得の勉強、不動産賃貸事業の整理、その他なんだかやることが多すぎて毎月あっと言う間に終わってしまいます。

という中で、心寂しく思う新聞記事がありました。

全面禁煙の大阪市役所内で、唯一の聖域だった市議会の喫煙所が5月末で廃止されることがきまったようです。「特別扱いは市民に示しがつかない」と判断されたようで、2010年度からの全面禁煙化後も喫煙所があった市議会からも灰皿がなくなります。

まあ、私がそこでタバコを吸ったことも吸う機会もないのですが、喫煙所にいたあるベテラン市議の「市長の要望(喫煙所廃止のこと)前から、喫煙所は廃止の方向だった。ただ、他会派議員らと情報交換する貴重な場がなくなるのは残念だ」とのコメントは同意します。

今だに付き合いのある司法書士同期は、研修班で一緒だったグループ(ともに課題をこなした仲間)とタバコグループ(特に一緒に勉強をしたわけではないが、喫煙所でいつも一緒だったメンバー)です。タバコを吸いながら、司法書士業務のことや今後の活動などを話しあうよい機会でした。

・・が、喫煙者は消えません。どこか、隅っこの方でまた集まり、いろんな出会いを楽しみにしています。
がんばりましょう!スモーカー。

■2012年5月9日 事務所スタッフの募集

GWも終わりました。今朝は雷もなり、雨も降り、早速5月病のような気持ちになりますががんばってます。

本日は当事務所のスタッフ募集を告知させていただきます。

現在、当事務所では司法書士である私と女性事務員さんで運営しております。昨年は、男性事務員もいたのですが司法書士受験生であったことから退職となりました。当事務所で今まで働いていただいた&働いていただいている事務員さん達はいずれも有能で、大きな戦力となってくれています。

ただ、事務員はあくまでも司法書士補助者であり、司法書士ではありません。そのため、行っていただく業務はすべて司法書士である私からの指示の範囲に限ります。とすると、私が不在の間になかなか業務を進めることができず、現在ご相談・受任している案件を充分に進めることが大変に感じてきました。

そこで、事務員さんを増員募集するに至りました。

司法書士資格を持っておられる方についても募集をしたいと考えていますが、この場合はいわゆる勤務司法書士ではなく、事務所内独立のような形を希望しています。本音をいうと、業務や売上に波がある事務所のため、継続して司法書士を雇用することができません。ですが、同じ場所で仕事をする以上は互いにメリットが必要だと思います。

そこで、事務所の設備(賃料、通信機器、その他一切の設備)を原則無償で使っていただき、独自に司法書士業務を行っていただき、売上の何割かを当方にお支払いいただく形式です。当方の業務が繁忙な場合、その業務を委託することで給料の代わりとしていただくこともあります。また、事務所内独立はあくまでも一時期のものとしたいので、1年等、一定の期限を設けることで、互いのメリットを生かせたらと希望しています。

募集条件は以下のとおりです。

●司法書士補助者(事務員)/司法書士業務全般の補助
 勤務地:司法書士事務所尼崎リーガルオフィス / 阪急塚口駅から徒歩7分
 勤務日: 週2~3日 
 時 間 : 午前9時から午後18時 
 給 与 : 時給900円~ / 賞与は勤務開始後6カ月後から年2回、業績によります
 待 遇 : 交通費全額支給、雇用保険加入
 希 望 : 
 *原付2種免許、原付免許があれば望ましいです(法務局や裁判所などの外回り)。必須ではありません。
 *司法書士受験生は大歓迎です。受験知識と業務は必ずしも合致していませんが、登記申請書や訴状など作成いただくに際しては司法書士受験
   の知識が役立ちます。
 *当事務所は残念ながら喫煙可です。絶対禁煙事務所でないと!という方はご遠慮ください
 *物事を柔軟に考え、創意工夫が好きな方。対人関係を上手にできる方。
 
 応募は履歴書(適宜の形式でよいです)を郵送あるいはメール添付にて送付/送信下さい。※当方としてはメールの方がありがたいです。
 座右の銘 と その理由 も書き添えてください。
 面接させていただきたい方にはこちらからご連絡し、日程調整したく思います。面接に至らない場合でも履歴書受領後1週間内にご連絡いたします。
 その他、ご不明な点はお電話ではなくメールにてお問い合わせ下さい。

●司法書士有資格者
  詳細条件は充分に話し合い決めたいと思います。
  互いにメリットを生じさせること、が大前提ですので、一定期間は勤務司法書士、その後事務所内独立ということも可能です。
 (詳細は私もまだ確定しておりません。目指す方向や人間性が合致しなければ、その先には進みません) 
  ご連絡は先ずメールにてお待ちしております。

■2012年5月10日 雑感

今日はゆったりとした感じです。午前中は尼崎簡易裁判所にて2件の裁判がありましたが、第1回目期日で被告が出廷しておらずすぐに終わりました。
その後、登記に関する連絡ごとをして、後見人となっている事案の通帳記帳をして事務所に戻ってます。

後見業務ですが、被後見人となられた方の自宅を売却する予定で、お部屋の中にあるモノを撤去・処分しなければなりません。

もちろんそこで生活をされていたので、一通りの家財道具があります。きれいに整理整頓はされていますが、すべて撤去となるとかなりの量です。
タンス等の家具は、とても質が良くこれからも充分に使えますが、いざリサイクル!と思っても、現実にはなかなかお金になりません。。また、壺やら骨董品の類があるのですが、そもそも私に価値が分からず、かといって買取業者の見立てが正しいかどうかも分からず、現在複数の信頼できる業者さんに見てもらっていますが、なかなか評価は厳しいです。

後見人の業務は、被後見人の人生や思いを汲みとることが大切だと思い、業務に当たっています。

 ■2012年5月11日 居宅荷物の整理/後見業務

今日はちょっと肌寒いですね。思えば天気や気候、自然現象は地球ができたときからあるもので、人類が現状の生活を始めた(例えば、産業革命から数えると)数百年の期間で、『例年と異なる』というのもある意味おこがましいかもしれません。5月でも寒い時は寒くなるものと受け止めます。

昨日に続き、現在私が後見人として就任している事案で、お部屋のモノの整理中です。モノを撤去するには費用がかかるわけですが、そのお金を支払うのは後見人である私です(といっても、現実のお金は被後見人の方から出してもらうことになります。後見人はそれを法定代理人として行っているのです)。

となると、当然、安くあげたい気持ちになります。

今日、室内のモノを撤去の見積もりを2社目の業者に行っていただきました。1社目の業者より半分以下!の提示があり、驚きました。
1社目の業者も信頼できる司法書士の先輩から紹介され、今回の2社目は信頼できる不動産業者からの紹介です。ですので、それぞれぼったくるような見積もりはしないはずなので、なんでこんなに差が出るのかを聞いてみたところ、処分されて行きつく場所(ゴミ処分場)は同じでもそれまでに紙・プラ・不燃物と仕分けを自分たちでするか、ゴミ処分場にやってもらうか、の差が大きいとのことでした。

とはいっても、いずれも紹介された業者であるため、通常よりも大幅な値引きを行っていただいていることも関係しているようです。

また、こういった事案について、価格はピンキリだそうです。結局は、人件費とトラック台数、最終処分の費用 のみが原価ですので。
逆に、消費生活センターでも最近多い相談として、ゴミ処分・リサイクルを格安でします と勧誘し、トラックに積み込んでから法外な値段を請求され、断ると『トラックから降ろせ』とごねる業者とのトラブル。悪質な業者は、ゴミを不法投棄します。

被後見人宅は、とてもきれいに整理整頓がされており、家具や電化製品は充分に使えるものです。ですが、2社ともに買取はできないそうです。
家具は大きく運搬に時間と手間を要します。また、リサイクル家具はどうしても安値にしかなりません。実際、私も何件かのリサイクルショップに聞いてみたのですが、断られました。・・・充分に使えて、いい家具なのにという気持ちはありますが、仕方無いですね。

 ■2012年5月16日 商業登記の扱い庁統合

今日は午前中に京都市まで役員変更不動産売買の打合せに行ってきました。自宅から京都まで、高速でいくとかなり近かったです。40分くらいで行けちゃいました。5/14~26まで名神高速の豊中から大津までは夜間通行止めになります。日中も車線規制がありましたが、ちょうど渋滞区間にははまりませんでした。

夜間通行止めの場合、その時間帯にSAにいたらどうなるんでしょう?おそらく、『通行止めになるので早く出て下さい~』と終電の車掌さんが酔っ払いを追い出すように見てまわるんでしょうが、その後最終の高速出口までは行っていいのか!?疑問です。また、通行止めがされると入って来る車はないだろうので、SAから追い出されたときは車が(ほとんど)通行していない高速道路を走るのは気持ちよさそうです。 ・・時間がなくて試すことができず残念です。

さて、現在全国の法務局において商業登記の扱い庁が統合されております。

兵庫県においても、県下での扱いは神戸地方法務局本庁のみです。
日本海から淡路島まである兵庫県の商業登記がすべて神戸市にある本局のみとなり、ちょっと乱暴な気がします。というのも、法人を営んでいる方が自身で登記申請をする場合、法務局に相談窓口があり、書類記載方法や不備をアドバイスしてもらえるのですが、今後はそれができません(たぶん、商業登記を扱っていない法務局でも現実には教えてもらえるのでしょうが、あくまで申請先は別なので、アドバイスを受けてそこで訂正して申請ということがスムーズにできません)。

ただメリットと思える点は、本店移転の登記です。

尼崎市に本店のある法人が本店所在地を伊丹市に変更した場合は、今までは 尼崎支局 ⇒ 伊丹支局 に管轄が変わるため、管轄外本店移転という登記申請をしていました。旧法務局と新法務局に対する別々の申請書を作成し、旧法務局に提出。内容がOKなら、新法務局に移行される。という流れでした。

管轄外本店移転は登記申請書を2通作成する必要があることの手間もそうですが、登録免許税が高いのです。旧法務局に3万円・新法務局にも3万円かかります!依頼者の方にも、『そんなにかかるんですか!』と言われることがありますが、これは司法書士の報酬ではなく税金です。。

これが、統合され兵庫県の商業登記管轄が本庁のみとなったため、兵庫県内の移転であれば管轄内本店移転となり登録免許税は3万円で済みます

と、統合による依頼者の方へのメリット発生に自己満足していたところ、東京都品川区から東京都港区に本店移転する依頼を受任しました。

東京では法人数が膨大であるためか、現在でも、(基本的に)区ごとの管轄であるようで、品川区から港区への本店移転はやはり管轄外になるようでした。。
登録免許税6万円で、なんだか損した気分です。


司法書士事務所
尼崎リーガルオフィス
Amagasaki Legal Office
司法書士事務所尼崎リーガルオフィス

〒661-0012
尼崎市南塚口町1-26-28
 南塚口ビル本館403
TEL 06-6424-2705
FAX 06-6424-2706

個人情報保護方針

対応可能地域:兵庫県尼崎市、伊丹市、西宮市、川西市、猪名川町、宝塚市、芦屋市、神戸市(全域)大阪府大阪市(全域)、池田市、豊中市、箕面市、吹田市
       上記以外の地域でも対応可能な場合がありますのでお問い合わせください。
※手続きの受任に際しては、事務所または依頼者の方の指定する場所で司法書士との面談が必要となります。司法書士が出張する場合で原則として往復1時間以上要する場合には交通費実費と日当が加算される場合がございます。