本文へスキップ

尼崎市南塚口町の
司法書士事務所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6424-2705

〒661-0012
尼崎市南塚口町1-26-28 南塚口ビル本館403









メールでのお問い合わせはこちら

過去のブログEx-Blog ※過去の司法書士日記(ブログです)

司法書士事務所尼崎リーガルオフィスの司法書士と事務員の日記です(不定期更新)。
法律ネタや司法書士実務の解説、日常の出来事、好きな音楽・好きな本、その他・・・。

2011年4月

■2011年4月13日 HPリニューアル&日記再開!

ホームページをリニューアルいたしました!

昨年12月に、テキパキと仕事をこなしてくれた事務員くんが司法書士試験専念のため退職。知り合いの女性事務員さんに急きょ来てもらい(現在も来てもらっており、とても仕事ができる方で大変助かってます)、さらには同じく司法書士受験生の尼崎在住事務員くんにも来てもらい、現在は時間的に不規則ながら私を含めて3人体制の事務所となりました。

で、以前から整理をしたかったホームページをつくりかえる作業をしてもらってましたが、その間、パソコンの不具合(その原因は私にあると思われます)により、従前のデータをいじることができず、しばらくの間はホームページ更新ができておりませんでした。

この数カ月は、仕事もプライベートも盛りだくさんでした。

2月に、何かとお世話になった兵庫県司法書士会阪神支部長がお亡くなりになりました。最期まで、司法書士会阪神支部の事業を気にかけ、仕事のアドバイスをいただいたり、お酒を飲んだりと、私の尊敬する先輩の訃報にただ悲しいです。一昨年に、一緒に知覧(鹿児島県にある戦時中の特攻隊基地がある地です)へ旅行に行ったことも思い出します。

3月には次女が生まれました!3月3日ひなまつりの日です。長女は幼稚園の年少に入園し、・・今日も行くのを嫌がって泣き叫びながらですが、仲良い姉妹になってくれるのが楽しみです。

そして、東北での地震災害。地震もさることながら、放射能による汚染や風評が心配です。兵庫県司法書士会でも、この地震に対して金銭的・相談事業等の業務的な支援を行ってます。兵庫県司法書士会の有志も仙台近辺の避難所に行って、法律相談を行って来られましたが、そのレポートは深く感じるものがありました。私は今のところ、現地に行く日程的な都合がすぐにつきませんが、司法書士として何か少しでもプラスにできることがあれば・・と、とりあえず電話相談の相談員には登録してみましたが、どこまで自分の知識が持つのやら・・・。わからない質問もされるでしょうが、まずはお話をじっくり聞いてみようと思います。

そんな感じで、ホームページとともに、より気合を入れて仕事をしていこうと思います。

※ホームページ上の各リンクが未設定であったり、誤字等が多くありますが、順次訂正していきます。また、内容についてもより充実したものにしていきますので、しばらくは見苦しいところがあると思いますがご容赦下さいませ。

 ■2011年4月19日 報酬の相場

着々とHP構築作業しています。今は、別ドメインを設定して 尼崎リーガルオフィス資料室 を作ってます。

司法書士業務に関連した資料関係を整理して、誰でも見ていただけるよう公開しています(一部は私の個人的な資料があるので非公開としてます)。

さて、資料室から司法書士に対する業務報酬についてまとめてUPしました。日常、司法書士にぽんぽんと業務依頼をすることはないと思いますが、一番心配なのが報酬ですね。私も買い物をする際、特に家電製品は価格.COMで調べて、商品の相場や価格を調べてから購入していますが、司法書士報酬は価格.COMにも掲載されていません。

司法書士は依頼者に対して、報酬の明示や説明をする義務があります。ですから、遠慮せずに見積もりを聞いていただければよいのですが、実務上はお電話だけで概要を聞いても見積もりがすぐに出せないこともあります。例えば、所有権移転の登記にしても、登記簿を確認すると住所が変更しているような場合には住所変更登記をしなければなりません。また、相続登記についても、相続人に未成年者の方がおられた場合は家庭裁判所に特別代理人を選任してもらう必要もあります。

結局は、
事務所にお越しいただいて事案の概要を伺ってからでないと見積もりを出せない事情もありますが。。。
日本司法書士会連合会が作成した報酬に関するアンケート結果のデータは、事例に対する報酬を全国から無作為抽出した司法書士にアンケート集計したもので、なかなか面白いです。地域によって同じ事案でも平均値が違ってますね。

司法書士が依頼者から頂く報酬については、以前は報酬基準が定められていましたが、今は撤廃されています。

安いからよい!という訳ではありません。司法書士に対する依頼は、民法上は委任契約と分類され、委任契約の土台にあるのは信頼関係です。安くても信頼できない司法書士に依頼をすべきではないです。

ですが、アンケート結果を見ると、同じ事例に対してもすごく幅があります!信頼できる司法書士 + ある程度平均もしくはそれより安い報酬設定をしている司法書士がベストな依頼先となるんでしょうね。

※資料室のページには、アンケートからの平均値と当事務所の報酬基準も見比べられるようにしています。
  一応、安い(もしくは平均)区分にはどれも当てはまりそうです(*^^)v

 ■2011年4月21日 外国人の方からの依頼

今日はすっかり暖かいですね。
ただ、ウチの家族では風邪が蔓延しております。まだ寒い日と暖かい日が繰り返していますので、体調管理も大変です。

さて、当事務所の業務内容で特色ある分野は、英語に絡んだ業務です。
私、司法書士山際は、学生の頃にアメリカ・ダラスの南メソジスト大学に1年間留学していました。また、駐在員としてカナダ・バンクーバーの旅行会社に3年間勤務しており、英語は得意な方だと思います。

司法書士業務は、依頼者から依頼を受けて業務を進めていくのですが、当然、日本に住んでおられる外国人の方も司法書士に依頼をする場面が出てきます。日本人と同じく、債務整理、破産申立などの多重債務を抱える方もいますし、勤務先での賃金未払い、知人への貸金、会社の代表になられている方は商業登記、不動産購入による不動産登記などです。

それらの手続きは日本の裁判所や法務局で行うため、基本的に日本語で書類を記載する必要があります。ですが、書類作成に至るまでの事実関係の聞き取りや打合せにおいて、英語しか話せないあるいは日本語が十分ではない方には、司法書士が英語でコミュニケ-ションするのが一番良いのです。

まだ受任件数は少ないのですが、アメリカ国籍の方の破産申立や登記書類の英訳、オーストラリア国内での預金払い戻し手続きなど、毎回てんやわんやになりながら業務しております。でも、英語を話す機会でもあり、楽しい仕事です。

英語での法律相談も行ってますが、一番困るのは専門用語の使い方です。「法律英語辞典」なるものがありますが、正直、電話で相談されてもすぐに単語が出て来ないのが実情で・・・、まずはメールで概要をお伝えいただくと事前準備ができるので助かります。

取りあえずは、自分自身のスキルアップをしないと英語での対応も心もとないですが、将来的には、英語を含めた多言語で対応できる司法書士事務所の体制を整えたいと思います。


 ■2011年4月26日 任期満了&重任

先日の土曜日に司法書士会阪神支部の定時総会がありました。

私も、役員として2期4年の期間を終えました。司法書士になったばかりの平成18年から今まで、役員として阪神支部に関与させていただくことができ、その間、多くの先輩司法書士の方と知り合うことができ、業務での疑問・質問を解決していただきました。

司法書士は、他の士業も同じかと思いますが、結局は一人で業務を完成させないといけません。
その点、自分の裁量で業務ができるメリットと誤った判断を下してしまうデメリットが常に付きまといます。特に後者については、阪神支部役員の先輩司法書士に恥ずかし気もなく相談することで、どれほど救われたか・・。本当に感謝しています。

阪神支部事業も、他の役員の方と一緒に、何かと楽しく&司法書士の発展を念頭に思いつつ進められました。

と、思い出に浸る間もなく、次年度は阪神支部研修委員長に就任することになりました。

司法書士業務は不動産登記・商業法人登記のみならず、一般市民トラブル、成年後見など多岐にわたります。それらを取り巻く法律改正や実務状況も日々変わっていきます。今後はそれら情報発信を阪神支部会員に向けて研修という形で行っていく立場になり、責務を感じております。が、やるからには面白いもの(視点としては自分が満足するもの)を結果として残したいと思います。

さて、その支部総会の夜から、生後1カ月の次女が高熱で入院してしまいました。まだ乳児ほやほやなので、慎重を期しての入院ですが、24時間付き添いが必要なので、奥さんが昼・私が夜の担当で病院にいてます。夜、ミルクをあげたり、寝かし付けたり・・の後、そのまま事務所に出社しており、この数日はボーっとしてしまいます。

司法書士は結局一人と書きましたが、こういう状況のときは困りますね。司法書士法人の設立も具体的に考えたくなります(でも、法人化もその業務執行は大変そうな予感)。とりあえずは、アルバイトの事務員くん&事務員さんに、この急場をしのいでもらうことで対応してますが、今後の事務所体制も改めて考えないと、と思った今日この頃です。



司法書士事務所
尼崎リーガルオフィス
Amagasaki Legal Office
司法書士事務所尼崎リーガルオフィス

〒661-0012
尼崎市南塚口町1-26-28
 南塚口ビル本館403
TEL 06-6424-2705
FAX 06-6424-2706


個人情報保護方針

対応可能地域:兵庫県尼崎市、伊丹市、西宮市、川西市、猪名川町、宝塚市、芦屋市、神戸市(全域)大阪府大阪市(全域)、池田市、豊中市、箕面市、吹田市
       上記以外の地域でも対応可能な場合がありますのでお問い合わせください。
※手続きの受任に際しては、事務所または依頼者の方の指定する場所で司法書士との面談が必要となります。司法書士が出張する場合で原則として往復1時間以上要する場合には交通費実費と日当が加算される場合がございます。